奄美大嶋観光ガイド

金作原原生林の概要

奄美大島の原生林のひとつである金作原〔自然観察教育林〕原生林は、名瀬市内から車で約50分程の所に位置しています。
山地の大部分は常緑広葉樹が占め、その主な構成樹種は、高木層ではスダジイ・オキナワウラジロガシ・イタジイ・タブノキ・イスノキ等があり、名前で面白いのがショウベンノキとバクチノキ等があります。亜高木層から低木層にはサクラツツジ等があります。  

野鳥では、天然記念物のルリカケス・オオストンオオアカゲラ・アカヒゲ・オオトラツグミ・植物では、ヘラシダ・ヒカゲヘゴ・アマミシダ(固有種)コンロンカ。
昆虫、そして、ほんの少しだけ、冬虫夏草(トウチュウカソウ)の話を交えながら金作原の大自然の中へご案内いたします。

金作原原生林の問題点

 金作原原生林へ行く道路は何カ所かあります。
全部の道路とは言いませんが、奄美市開発公社が草刈りをするので、
欄などが向きだしの状態で草刈りをするので、『ここに、欄がありますよ・・・。』と、言っている
ようなものです。
苦情を言いに言ったら、「基さん、草刈りをして下さい。と、言うんですよ・・・。」との事。
何故、草刈りが悪いかというと、道路沿いのありとあらゆる草を刈り、その草等を
そのあたりに投げつけるのです。場所によっては、欄の上に投げつけるのです。

 もっと、ひどいのは、不法投棄している上からススキ等を投げつけてわからないようにしている
のではないかと、疑いたくなるような草刈りなのです。

 また、奄美大島にはハブがいるから・・・。というでしょうが、ハブはしょっちゅう出てくるわけではない。
最悪なのは、草刈りをすることによって蝶が吸蜜の為に飛んでくるはずなのが、行き場を失って
いる。
 この現状を政治家や行政が知ってか知らずか、『奄美大島を世界遺産に・・・。』と、わけのわから
ない、事を言っている。
 その政治家達こそが、奄美大島の自然破壊を推進してきた張本人である(笑)。  

奄美大島の自然観察図鑑

奄美の絶滅危惧植物

琉球弧・野山の花―From Amami

昆虫の図鑑採集と標本の作り方―野山の宝石たち

貝の図鑑―採集と標本の作り方

野生植物食用図鑑―南九州-琉球の草木

 

金作原鳥蝶植歩ガイド


 奄美大島を代表する原生林をご案内して、今年で、16年目を迎えます。
2003年までは、金作原樹羅疾駆ガイドとして、多くの皆様に、金作原
の自然に触れて頂きました。その間、蒸し暑い、雨の中での金作原、ナ
メクジがいる、蝉がいた。

 天然記念物のルリカケスやオオストンオオアカゲラを観たり、色々なキノ
コは、多くの人が感動すると同時に、異口同音に「食べられますか・・・」と、
おっしゃる。そうかと思うと、盗掘寸前のカクチョウランを観たり、尺取り虫が
上から降りてきたり・・・。
 今年は、金作原樹羅疾駆ガイドをバージョンアップして、嬉しい据え置き
価格に致しました。
皆さんの人生観と価値観の変わる、退屈という靴を履いてのガイドはいた
しません。

奄美大島ブログ

■ご案内のポイント
緑色一色の中からどうやって植物を探すのか
どこを観ながら歩くのか
五感を使う、立体感を出す
耳で聞いてみる、感動する。次は、笑える不思議(笑)な行動とは・・・
あなたの人生観までが変わっていくガイドです


ガイドのご案内


お1人様 4,000円

約3時間〔移動が約2時間と約1時間のウォーキング〕

自動マッサージ付

奄美市名瀬市発・午前9時と13時30分出発・雨天決行


■電話でお申し込む

電話070 - 7640 - 6770

メールで申し込む