田中一村マニアックガイド・書籍リスト

アダンの画帖田中一村伝

小学館発行 南日本新聞社編 中野敦夫〔元南日本新聞社記者〕 

この書籍に関しては、南日本新聞社が昭和60年(1985年)5月25日(土)~昭和60年(1985年)9月26日(木)に50回の連載が最初です。

そして、本として出版しましたが、出版社が残念ながら倒産しました。

その後、小学館からの再発行になった経緯があります。

この著書は、南日本新聞社(鹿児島市)の連載記事が本になりました。

 当時、著者の中野敦夫さんが奄美大島で南日本新聞の支局長時代に奄美焼の宮崎さんから「田中一村」という人がいたんだけど・・・・。

という話から取材がはじまったのです。

聞くところによると、自費での取材だったようです。

記者だった中野敦夫さんは、顔がよく、スタイルもよく、頭も良さそうに見える方で誰が見ても「いい人」という感じのする人です。

多分、2000年に退職したようですが、私が知っている限りでは、「田中一村の連載記事」と、農家やこれから農業をしようと考えている方。

また、自然食を考えている方は、是非、この方の記事を読んでいただきたいと思います。

タイトルは、「食と農の形」(南日本新聞社)だったと記憶していますが、農業、自然食販売等いろいろな視点からの取材で脚光を浴びた企画がありました。

この二つの実績は、高く評価するに値するのではないでしょうか。

残念なことにスクラップし資料を紛失しました。


神を描いた男・田中一村
中央公論社発行 
小林照幸著 

著者について

初めてお会いしたのが、平成2・3年ごろ、私が、ホテル(奄美観光ホテル・宿泊はできません、宴会専門のホテル)に勤務している頃のことでした。

そのころ「毒ヘビ」の出版で来島された際に、歓迎会が開催され、その時に担当した私は名刺交換をしました。

さわやかな青年で、すべてに置いて「マジメ」という印象でした。それから、色々な著書で賞を受賞していることや、テレビにもコメンテーターとして出演しているお姿を拝見して感激しています。

ノンフィクションということで、取材もたいへんだと思いますが、後世に残さなければならない事実を追っかけている小林氏に、これからも活躍していただきたいと思います。


田中一村の彼方へ
三一書房発行  
加藤邦彦著 

著者について

加藤さんはだれがみても新聞記者という感じの人です。実際にそうだったようですが。この人の著書であまりにも有名なのが、「僻地の自民党殿」があります。

この内容は、昭和58年の衆議院議員選挙で、現職の保岡興治(自民党)と医療界の風雲児、徳田虎雄(無所属)との壮絶な選挙を取材したものです。

全国的にも買収選挙だと報道された戦後、奄美大島だけが特別区で現在の小選挙区制の先端を走っていた時の内容を書いた本です。

それと同時に、当時は一村ブームの頃でした。そのころから、色々なところへ取材に出かけていたようです。


田中一村作品集《新版》

アマゾンから購入

 奄美を描いた画家・田中一村の新発見作品を多数増補。新しい切り口で一村像を明らかにした待望の新版。

この作品集がお薦めです。

■その他の書籍

絵のなかの魂 評伝・田中一村 (新潮選書)

田中一村 豊饒の奄美

評伝田中一村


●田中一村マニアックガイド料金

■半日コースの内容

例えば、奄美市名瀬のホテルを午前9時に出発。12時頃にホテル着。
コースは奄美市名瀬市内の散策と自然散策。一村さん終焉の家など。

基本的には9時にホテル出発の約3時間

料金は半日コースで、お一人様5,000円


■1日コースの内容

例えば、奄美市名瀬のホテルを午前9時に出発。15時頃までにはホテル着。
コースは奄美市名瀬市内の散策、一村さん終焉の家。奄美市笠利町の某所、田中一村記念美術館。

基本的には9時にホテル出発の約6時間

料金は1日コースで、お一人様15,000円


電話で、問い合わせる。

TEL 070 - 7640 - 6770

※スマホ・iPhoneのお客様は、タップすれば繋がります。

いいメールで、問い合わせる